v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)

v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)

サービス概要

v6プラス サービス概要図

「v6プラス」は、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用しインターネット接続を提供するISP事業者が、IPv6及びIPv4の設備を持たずに、インターネット接続をお客さま(エンドユーザ)にご提供いただくためのサービスです。

本サービスは、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービスです。

①低コスト

・JPNEのネットワークは、複数の大手ISP事業者が共同利用する大規模ネットワークであるため、ISP事業者自社による調達・運用よりも、はるかに低コストでの運用が実現できます。

IPv6もIPv4も共同利用によるスケールメリット

・これまでは、自社でIPv4ネットワークを調達・運用しているISP事業者が、JPNEのIPv6インターネット接続をご利用いただいた場合、いわゆる「IPv6・IPv4の二重コスト問題」が起きておりました。 しかし、JPNEの「v6プラス」をご利用いただくとIPv6とIPv4を一元的にご利用いただくことが可能となり、「二重コスト問題」は解消されISP事業者の総コストを削減できます。

トラフィック増加対策やIPv6対応もJPNEが解決

・トラフィック増加に対するコスト、IPv6対応に関するコストをJPNEが解決

②速い

IPv6もIPv4も上り下り最大概ね10Gbps(*1)

・従来PPPoE方式によるIPv4インターネット接続では、200Mbpsや100Mbpsに速度が限定されていたフレッツ 光ネクストハイスピードタイプやフレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプでも下り最大1Gbps (*1)でインターネットをご利用いただけます。

・お客さま(エンドユーザ)は動画など大量データの送受信が必要なアプリケーションを 一般的に「混雑している」「遅くなる」時間帯でも、快適に安定してご利用いただけます。

(*1)フレッツ 光クロスの場合の上り/下り回線の技術規格上の最大速度で実際の通信速度を示すものではありません。 フレッツ 光ネクスト ハイスピードタイプ/フレッツ光ネクストギガファミリー・ギガマンションスマートタイプ/フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼の場合は下り最大速度1Gbpsが技術規格上の最大速度です。 回線品目によって技術規格上の最大速度は異なります。お客さまのご利用環境や回線の状況等により、速度は低下する場合があります。

③簡単

従来比 イメージ01

必要な機器はNTT東西のホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルータ)、「v6プラス」対応のブロードバンドルーターのみ

・お客さま(エンドユーザ)宅内に必要な機器はNTT東西の「v6プラス」対応ホームゲートウェイもしくは、「v6プラス」対応ブロードバンドルーターのみです。専用アダプタ等を設置する必要がありません。 「v6プラス」対応ホームゲートウェイ、「v6プラス」対応ブロードバンドルーターは以下の機種になります。(2020年02月現在 メーカー確認機種)「フレッツ光クロス」でのご利用可否については、各メーカーにお問い合せください。

メーカー 機種 参考情報
NTT東日本 NTT西日本 RT-S300シリーズ
PR-S300シリーズ
RV-S340シリーズ
RT-400シリーズ
PR-400シリーズ
RV-440シリーズ
RT-500シリーズ
PR-500シリーズ
RS-500シリーズ(NTT東日本のみ)
PR-600シリーズ
RX-600シリーズ
XG-100シリーズ
ISP様での開通処理をお待ち下さい
バッファロー WRM-D2133HP
WTR-M2133HP
WXR-2533DHP2
WXR-2533DHP
WXR-1900DHP3(Ver.2.55以降)
WXR-1901DHP3(Ver.2.55以降)
WXR-1900DHP2(Ver.2.53以降)
WXR-1900DHP(Ver.2.43以降)
WXR-1750DHP(Ver.2.52以降)
WXR-1750DHP2(Ver.2.52以降)
WXR-1751DHP2(Ver.2.52以降)
WXR-5700AX7Sシリーズ
WSR-2533DHP2シリーズ(Ver.1.1以降)
WSR-1166DHP4シリーズ
WSR-1166DHPLシリーズ
WSR-1166DHPL2シリーズ
WSR-1800AX4シリーズ
WSR-5400AX6シリーズ
・v6プラス回線に接続する方法(無線LAN親機)
・インターネット回線をPPPoEからv6プラス回線に変更した場合の手順(無線LAN親機)
アイ・オー・データ機器 WN-AX1167GR (Ver.3.20以降)
WN-AX1167GR/V6 (Ver.3.20以降)
WN-AX1167GR2
WN-AX2033GR
WN-AX2033GR2
WN-SX300FR
WN-SX300GR
・v6プラス回線に接続する方法(無線LAN親機)
・インターネット回線をPPPoEからv6プラス回線に変更した場合の設定方法
NTTドコモ ドコモ光ルーター 01 (ファームウェアバージョン1.2.1以降)
NECプラットフォームズ Aterm WG2600HS
Aterm WG2600HP3
Aterm WG1900HP2
Aterm WG1800HP4
Aterm WG1200HS3
Aterm WG1200HP3
インターネット回線をPPPoEからIPv4 over IPv6通信サービスに変更した場合の設定について
エレコム WRC-1750GSV
WRC-1167GST2
WRC-1750GST2
WRC-1900GST2
WRC-2533GST2
WRC-2533GS2-B
WRC-2533GS2-W
WRC-1167GS2-B
WRC-X3000GS
WMC-M1267GST2-W
WMC-DLGST2-W
WMC-2HC-W
WMC-C2533GST-W
v6プラス回線の設定方法
動作確認済みIPv6(IPoE)接続サービス対応表
センチュリー・システムズ FutureNet NXR-G240
FutureNet NXR-G240/L
FutureNet NXR-G240/L-CA
FutureNet NXR-G260
FutureNet NXR-G260/L
FutureNet NXR-530
FutureNet NXR-650
「v6プラス」接続設定
ヤマハ RTX830
RTX1210
NVR510
NVR700W
設定・操作方法
NEC UNIVERGE IXシリーズ v6プラス (MAP-E方式) 設定ガイド
TP-Link ArcherA10
ArcherA2600
v6プラス方式設定・操作方法
Synology RT2600ac
MR2200ac
v6プラス(MAP-E)設定方法 IPv6(IPv4 over IPv6 / MAP-E)対応リスト
アライドテレシス AR4050S/AR3050S
AR2050V
AR1050V
AR4050S/3050S/2050V “v6プラス”設定例(ひかり電話あり)
AR4050S/3050S/2050V “v6プラス”設定例(ひかり電話なし)
AR1050V “v6プラス”設定例(ひかり電話あり)
AR1050V “v6プラス”設定例(ひかり電話なし)
古河電工 FITELnet F220/F221
FITELnet F220/F221設定例
エフセキュア F-Secure SENSE (ファームウェアVer. 1.10.0.750以降)
「v6プラスに加入しているお客様では、WANの接続方法を”自動”に設定して 頂ければ、自動的にv6プラスで接続を行います。またONUと有線接続した 状態で初期セットアップを行った場合、自動接続が行われます」

その他の専用機器やお客さま(エンドユーザ)の設定作業は一切不要

・主要な機器はお客さま(エンドユーザ)による設定作業が不要のため、ISP事業者のお客さま(エンドユーザ)サポート負荷が大幅に軽減されます。
・IPv6ネットワークの保守・メンテナンスは、JPNEが全てISP事業者に代わって実施します。
・「フレッツ光クロス」でのご利用可否については、各メーカーにお問い合せください。

機能

機能 イメージ01

「v6プラス」をご利用のISP事業者は、4つの機能をご利用いただくことができます。

  1. ① IPv6インターネット接続機能
  2. ② IPv4インターネット接続機能
  3. ③ キャッシュDNSサーバ機能
  4. ④ サービスオーダシステム機能