JPNEヒカリ

JPNEヒカリ

「JPNEヒカリ」は、NTT東西の「光コラボレーションモデル」をJPNEが卸提供を受け、事業者の運用・保守面を軽減させた上で再卸の形態にてご提供するサービスです。

JPNEヒカリの特徴事業者のブロードバンドサービス運用負担を軽減

1NTT東西注文・故障受付業一元窓口対応

NTT東西の「光コラボレーションモデル」では東西別の受付システム、また、注文取次窓口は各エリアに複数存在します。「JPNEヒカリ」では「WAO」というシステムで東西エリアの注文受付・注文一元管理を対応。注文調整窓口として「JPNE開通センター」、故障保守の24時間365日対応一元窓口として「JPNEサービスオペレーションセンター」を提供します。両窓口にてNTT東西への注文業務・故障対応業務を実施します。

2データ処理システム構築・運用不要

NTT東西から送られる大量のデータ処理が可能なシステムの構築。NTT東西の仕様変更に伴う改修運用の負担から解放されます。
初期投資を抑えてコラボ事業を開始したい事業者様にオススメです。

3料金計算機能

「JPNEヒカリ」では、NTT東西の膨大な料金データの計算・集計をJPNEのシステム「WAO」で実施。料金調整や複雑なNTT東西の料金の紐解きもJPNEにおまかせいただけます。

新規お申込みやお見積り等のご相談はこちらよりお問合せください。

※ご検討が具体化していない段階でもご遠慮なくお問合せ下さい。

JPNEヒカリのオプションサービス

JPNEヒカリおまかせパック

「JPNEヒカリおまかせパック」は、開通調整・故障対応業務においてお客さま(エンドユーザ)との直接対応が可能な窓口「JPNE総合窓口」を事業者に提供する、JPNEヒカリのオプションサービスです。

「JPNEヒカリおまかせパック」では、当社の「v6プラス」も併せて申込代行・開通調整・故障受付が可能です。
「v6プラス」に必要となるブロードバンドルータを、JPNEからお客さま(エンドユーザ)宅へ直接配送するサービスもございます。

  • 注文内容システム登録
  • お客さま(エンドユーザ)への
    開通調整を架電で実施
  • お客さま(エンドユーザ)の
    問合せ切り分け・対応も実施

併せてらくらく!
v6プラス対応サービス

光コラボレーションの回線に併せて、JPNEでインターネット部分もv6プラスで開通致します。
またインターネット部分に関するお問合せ対応もおまかせパック同様にJPNEで対応します。

  • らくらくポイント!1.v6プラスの注文投入代行
  • らくらくポイント!2.お客さま(エンドユーザ)の開通エラー対応もJPNEで対応
  • らくらくポイント!3.v6プラス(インターネット接続)に関するお問合せもJPNEで対応

※BBRの配送も手配も可能です。

v6プラス対応サービス比較

新規お申込みやお見積り等のご相談はこちらよりお問合せください。

※ご検討が具体化していない段階でもご遠慮なくお問合せ下さい。