JPNEヒカリ

JPNEヒカリ

サービス概要

・「JPNEヒカリ」サービスは、NTT東西の「光コラボレーションモデル」をJPNEが卸提供を受け、事業者向けに再卸にてご提供する光ブロードバンドサービスです。
・各種連携データ(異動情報、開通のご案内、料金系データ等)をJPNEがNTT東西から一括で受け、事業者の代わりにNTT東西へ開通調整、故障対応等を実施します。

特長

事業者のブロードバンドサービス運用負担を軽減

①NTT東西注文・故障受付業一元窓口対応

NTT東西の光コラボシステムは東西別のシステム、また、注文取次窓口は各エリアに複数存在しますが、「JPNEヒカリ」はシステムによる一元管理と「JPNE開通センター」での一括窓口を提供します。「JPNE開通センター」にてNTT東西への注文業務を実施します。

②開通案内データの提供

事業者様がお客さま(エンドユーザ)に光コラボレーションサービスの提供にあたって、電気通信事業法の定めにより、お客さま(エンドユーザ)と電気通信サービスの契約を行う前に、お客さま(エンドユーザ)にサービス内容等を書面で通知する必要があります。「JPNEヒカリ」ではお客さま(エンドユーザ)からお申込み頂いた、サービスに関わる開通案内データを事業者へ提供します。

③料金計算機能

「JPNEヒカリ」では、NTT東西の膨大な料金データの連携・集計をJPNEが代行いたします。そのため、事業者でデータの集計等に必要なシステムの構築や運用の必要がありません。