会社情報 Company

代表挨拶

パートナーの皆様と協創し、ブロードバンドで未来を創る

日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)は、IPv6インターネットの普及・発展を支援し、ISP事業者の皆様へネットワークインフラをご提供することを目的として、2010年8月に発足いたしました。

2011年4月のAPNIC/JPNICにおけるIPv4アドレス在庫枯渇後、JPNEはIPv6を標準提供にしつつ、既存インターネット利用環境への影響を極力回避できるようにIPv4との共存技術を積極的に取り入れたサービスを提供してまいりました。また、関係事業者の皆様方と共にブロードバンドアクセスのIPv6普及へ取り組むことにより、2021年3月にはNTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光ネクスト」におけるIPv6普及率は8割を超え、FTTHサービスにおいてはほとんど意識することなくIPv6通信を利用できる環境が整備されました。

今後の持続可能な社会を目指し、企業活動におけるDX化や生活に密着した分野のデジタル化により人々の豊かな生活を実現していく上でも、インターネットの進化・深化は止まることがなく、インターネットはより重要な社会基盤となっていきます。ブロードバンドアクセスはいつでも、誰でも、快適にインターネットを使える環境を確保し、インターネット上で展開される多様なサービスと一人ひとりのお客様とをつなぐ大切な役割を果たします。

JPNEは豊かで持続可能な未来を目指し、より良いインターネット基盤とお客様の挑戦を支える情報通信サービスを提供することをビジョンとしています。私たちは、今後も様々なパートナー様との連携により、お客様のインターネットご利用をずっと、もっと使いやすく、ブロードバンドアクセスを当たり前にしていくことで、日本のICT発展への貢献を目指してまいります。

代表取締役社長 鶴 昭博