お知らせ information

「IPv6地理情報共有ワーキンググループ」への参加について

2019年 4月 24日

日本ネットワークイネイブラー株式会社

「IPv6地理情報共有ワーキンググループ」への参加について

-IPv6アドレスの更なる普及推進のため、都道府県単位での地理情報を
コンテンツ事業者と試験的に共有し、データ共有方式の検討や実証実験を実施-

NGN IPoE協議会(会長:当社代表取締役社長 石田慶樹、以下IPoE-C)が、IPoE-C内にIPv6地理情報共有ワーキンググループ(以下GeoIPv6 WG)を2019年4月に発足いたしました。

日本ネットワークイネイブラー株式会社は、2019年4月24日にGeoIPv6 WGに参加いたします。

本ワーキンググループは、IPv6インターネットに関わる事業者や団体が集まり、IPv6アドレスの地理情報を共有することでコンテンツ配信におけるIPv6の利用を促進することを目的としています。

IPoE-Cからのプレスリリースはこちらになります。

経営企画部
担当 :辻中、中田
E-mail :info@jpne.co.jp

<   一覧へ戻る >