HOME > 新着情報 > 「NGN IPoE協議会」の設立について

新着情報

「NGN IPoE協議会」の設立について


2018年 3月 15日

BBIX株式会社

株式会社朝日ネット

インターネットマルチフィード株式会社

日本ネットワークイネイブラー株式会社

フリービット株式会社

「NGN IPoE協議会」の設立について

-NTT NGN上でのIPoE機能を利用してIPv6インターネットサービスを提供中の接続事業者による普及・啓発・提言のための活動を行う組織を設立し設立総会を開催-

BBIX株式会社、株式会社朝日ネット、インターネットマルチフィード株式会社、日本ネットワークイネイブラー株式会社、フリービット株式会社は、2018年3月14日に「NGN IPoE協議会(会長:石田慶樹)」を設立し、設立総会を開催しました。
インターネットの基盤化とそこで交換されるコンテンツの多様化・リッチ化に伴い、トラフィック量は大幅に拡大しております。また、IPv6普及・高度化推進協議会の調査によると東日本電信電話株式会社・西日本電信電話株式会社が提供するNGN網上でのIPv6の普及率は既に40%を超えており、今後さらに増加する見込みとなっております。また、IPoE接続事業者からサービス提供を受けているISPの数も60社を超えております。これを受けて、NTT NGN網上でIPoE機能を利用してIPv6インターネットサービスを提供しているIPoE接続事業者が果たすべき社会的役割は非常に大きなものとなっています。
インターネットを国民のための高度情報通信ネットワーク社会基盤と捉え、NTT NGN網のIPoE機能をはじめ、各種インターネットアクセス基盤を活用して日本におけるインターネット普及拡大をはかり、IPv6の利用を促進することにより、国民が利用しやすい環境を形成するための諸事業を行い、新しい生活と産業の具現化に資することを目的として、IPoE接続事業者により「NGN IPoE協議会(略称:IPoE-C)」を設立いたしました。
IPoE-CはNTT NGN網IPoE機能の活用による日本のインターネット普及と利用促進にかかる諸事業の企画、立案、および実施、啓発、広報活動、政策提言、さらにこれに伴うさまざまな活動を行ってまいります。
設立総会には、設立発起人となった各社の役員が出席した以外に、オブザーバーとして総務省、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会、およびアルテリア・ネットワークス株式会社の関係者も出席しました。

参加組織:
BBIX株式会社
株式会社朝日ネット
インターネットマルチフィード株式会社
日本ネットワークイネイブラー株式会社
フリービット株式会社
(順不同)

NGN IPoE協議会のウェブサイト:
https://ipoe-c.jp/

本件に関するお問合せ先:
NGN IPoE協議会
E-mail:contact_at_ipoe-c.jp (_at_を@に変換してください)

メニュー

お問合せはこちら お問合せ・資料請求・お見積依頼はこちらからお願いします