v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)

v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)

サービス概要

v6プラス サービス概要図

「v6プラス」は、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用しインターネット接続を提供するISP事業者が、IPv6及びIPv4の設備を持たずに、インターネット接続をお客さま(エンドユーザ)にご提供いただくためのサービスです。

本サービスは、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービスです。

①低コスト

・JPNEのネットワークは、複数の大手ISP事業者が共同利用する大規模ネットワークであるため、ISP事業者自社による調達・運用よりも、はるかに低コストでの運用が実現できます。

IPv6もIPv4も共同利用によるスケールメリット

・これまでは、自社でIPv4ネットワークを調達・運用しているISP事業者が、JPNEのIPv6インターネット接続をご利用いただいた場合、いわゆる「IPv6・IPv4の二重コスト問題」が起きておりました。
しかし、JPNEの「v6プラス」をご利用いただくとIPv6とIPv4を一元的にご利用いただくことが可能となり、「二重コスト問題」は解消されISP事業者の総コストを削減できます。

トラフィック増加対策やIPv6対応もJPNEが解決

・トラフィック増加に対するコスト、IPv6対応に関するコストをJPNEが解決

②速い

IPv6下り最大1Gbps(*1) IPv4下り最大1Gbps(*1)

IPv6もIPv4も下り最大1Gbps(*1)

・従来PPPoE方式によるIPv4インターネット接続では、200Mbpsや100Mbpsに速度が限定されていたフレッツ 光ネクストハイスピードタイプやフレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ、フレッツ 光ネクストファミリータイプでも下り最大1Gbps (*1)でインターネットをご利用いただけます。

・お客さま(エンドユーザ)は動画など大量データの送受信が必要なアプリケーションを昼はもちろん通信速度が低下しやすい夜間でも、より快適に楽しむことができます。

③簡単

従来比 イメージ01

必要な機器はNTT東西のホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルータ)、「v6プラス」対応のブロードバンドルーターのみ

・お客さま(エンドユーザ)宅内に必要な機器はNTT東西の「v6プラス」対応ホームゲートウェイもしくは、「v6プラス」対応ブロードバンドルーターのみです。専用アダプタ等を設置する必要がありません。
「v6プラス」対応ホームゲートウェイ、「v6プラス」対応ブロードバンドルーターは以下の機種になります。(2018年7月現在 メーカー確認機種)

その他の専用機器やお客さま(エンドユーザ)の設定作業は一切不要

・主要な機器はお客さま(エンドユーザ)による設定作業が不要のため、ISP事業者のお客さま(エンドユーザ)サポート負荷が大幅に軽減されます。
・IPv6ネットワークの保守・メンテナンスは、JPNEが全てISP事業者に代わって実施します。

機能

機能 イメージ01

「v6プラス」をご利用のISP事業者は、4つの機能をご利用いただくことができます。

  1. ① IPv6インターネット接続機能
  2. ② IPv4インターネット接続機能
  3. ③ キャッシュDNSサーバ機能
  4. ④ サービスオーダシステム機能

(*1)お客様のご利用環境や回線の状況等により、速度は低下する場合があります。また、VDSL利用時等、一部最大1Gbpsの速度が出ない場合があります。