HOMEつかって簡単

選ばれる3つの理由

宅内専用アダプタ等が不要で簡単にお申込みいただけます

・JPNEのIPv6インターネット接続はお客さま(エンドユーザ)宅内に専用アダプタ等の設定は不要です。
 また、新たにIPv6インターネットのためにPC設定が不要なため、ISP事業者はお客さま(エンドユーザ)サポート負荷が軽減されます。
・JPNEがIPv6ネットワークの保守・メンテナンスを全てISP事業者に代わって実施しますので、保守・メンテナンス負荷が軽減されます。
・ISP事業者への料金はID数に応じたシンプルな課金体系です。
・JPNEのサービスオーダシステムは回線ID等の情報だけで開通できますので、ISP事業者とJPNE間では個人情報のやりとりは不要です。

1. サービスオーダシステムの特徴

(1)お客さまID(CAF+数字10桁)およびアクセスキー(英数字8桁)のみで開通可能です。
  お客さま(エンドユーザ)情報は開通に必要ありません。
(2)サービスオーダシステムは以下のセキュリティ対策も備えています。
・ソースIP制限
・HTTPS通信等
(3)24時間365日の問い合わせ受付体制です。
(4)開通依頼後、1時間程度で開通可能です。
(5)サービスオーダシステムからお客さま(エンドユーザ)の開通実績、IPアドレスの割当履歴の閲覧可能です。

2.シンプルな開通フロー

(1)開通依頼
ISP事業者からJPNEへの開通依頼に必要なものは以下2つだけです。ISP事業者の開通設定は不要です。
・お客さまID(CAF+数字10桁)
・アクセスキー(英数字8桁)

(2)開通通知
JPNEからISP事業者へお客さま(エンドユーザ)の以下の開通通知をご連絡いたします。
・お客さまID(CAF+数字10桁)
・お客さま(エンドユーザ)の開通状況のご連絡

上記の通り、開通依頼と開通通知の2段階のみのシンプルな開通フローです。ISP事業者のお客さま(エンドユーザ)毎のアクセス回線にNTT東西のアクセス回線が混在していても本サービスオーダシステムが振り分けをいたしますので、簡単に申込いただけます。

3.ISP事業者の準備は最小限

IPv4インターネット経由で本サービスオーダシステムにアクセス可能です。
以下(1)、(2)のどちらかをご選択いただけます。

(1) Web画面によるCSVアップロード
(2) システム自動連携

IPv6インターネット接続開通の流れ

IPv6インターネット接続開通の流れ

メニュー

お問合せはこちら お問合せ・資料請求・お見積依頼はこちらからお願いします