HOMEよくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

IPv6 IPoE(ネイティブ方式)とIPv6 PPPoE(トンネル方式)はどう違うのですか?
IPv6 IPoE(ネイティブ方式)では、ISP事業者はJPNE(VNE事業者*1)のローミングサービスを利用することで、回線やネットワーク設備を持たずにインターネット接続サービスの提供が可能です。お客さま(エンドユーザ)宅内環境は従来のままでIPv6インターネットをご利用頂けますので、ISP事業者とお客さま(エンドユーザ)双方にとってメリットの大きい方式です。
IPv6 PPPoE(トンネル方式)では、ISP事業者は自らIPv6ネットワーク構築が必要となり、お客さま(エンドユーザ)宅内に「アダプタ」の設置が必要となります。
*1 Virtual Network Enablerの略称。
IPv6 インターネット接続を利用するにはお客さま(エンドユーザ)宅内に何か取り付ける必要がありますか?
IPv6 PPPoE(トンネル方式)と違い、アダプター設置の必要はありません。
NTT東西による宅内工事もなく、JPNEシステム登録から約1時間で利用可能です。
メールサーバ、Webサーバ等のホスティングは提供して頂けますか?
現在、JPNEとして提供予定はありません。
IPv6 PPPoE(トンネル方式)とIPv6 IPoE(ネイティブ方式)を併用できますか?
併用可能です。
固定IPアドレスは提供可能でしょうか?
現在、固定IPアドレスのサービス提供は出来ません。
今後の提供となりますが、現段階では提供時期も未定です。
どのような保守運用体制になっていますか?
24時間365日受付/対応いたします。
NTT東西との切り分け、問い合わせ対応もJPNEにて対応します。
迷惑行為に対する対応はどのようになっていますか?
こちらを参照してください
IPv6に関するフォールバックの課題とはなんですか?
エンドユーザの環境がデュアルスタックの場合、エンドユーザの端末でIPv6を優先して通信を試みるものがあります。IPv6側が閉域網に接続されている場合、エンドユーザの端末はIPv6側が閉域網であることを知り得ないため、通常通りIPv6側を優先してインターネット接続を試みます。送信端末は IPv6 パケット送信後に通信不可であることがわかります。その後、多くの端末はある一定時間経過後にIPv4 インターネット側に再送信を試みます。これをフォールバックといいます。
質問の「IPv6に関するフォールバック」は、正確には「IPv6からIPv4へのフォールバック」となります。
詳細は、こちらをご覧ください。
IPv6側が閉域網の場合に発生するフォールバックの課題を解決するためには、どのような方法がありますか?
長期的恒久策、短期的暫定策が考えられます。
唯一の長期的恒久策は、お客様ネットワークを (IPv6閉域網ではなく) IPv6インターネットに接続することです。
代表的な短期的暫定策は、ISP のキャッシュDNSサーバ等で AAAAレコードをフィルタアウト(IPv6 の名前解決を停止)することです。これにより、お客様の端末はインターネット宛のパケットを IPv6 閉域網に送りこむことなく IPv4 インターネット側に直接送ることが可能となります。そのためフォールバックの課題発生を防ぐことができます。しかし、IPv6 通信を遮断しまうことから、当社はこれを本質的な解決策と捉えておらず、短期的暫定策と位置付けております。
詳細は、こちらをご覧ください。
メニュー

お問合せはこちら お問合せ・資料請求・お見積依頼はこちらからお願いします