HOME会社概要JPNEとは

会社概要

JPNEとは

日本のIPv6インターネット発展のために つながる・つかえるネットワークを提供いたします

日本のIPv6インターネット発展のために
つながる・つかえるネットワークを提供いたします
日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)は、KDDI株式会社、日本インターネットエクスチェンジ株式会社、NECビッグローブ株式会社、ニフティ株式会社、株式会社朝日ネット、丸紅アクセスソリューションズ株式会社の出資により発足したインターネット接続サービス等を提供する電気通信事業者です。

JPNEは、ISP事業者向けにIPv6インターネットを提供するためのネットワーク設備等をローミングサービスとして提供いたします。ネットワーク設備等を複数のISP事業者に共同で利用していただくことによってスケールメリットを活かすこと可能となり、高品質なネットワークを高効率・低コストに提供いたします。

JPNEの役割

当社はVirtual Network Enabler(VNE)※としてISP事業者様のネットワーク設備構築・運用をお手伝いさせていただきます。
主な役割は以下3つとなります。

① NTT東西NGN接続設備(網終端装置、網集約装置、POI) ② ISPネットワーク ③ 国内外インターネット接続(トランジット・ピア)

IPv6ネットワーク構築・運用を当社で担当いたしますので、ISP事業者は新たにIPv6ネットワークの構築・運用を行う必要はありません。ISP事業者はお客さま(エンドユーザ)に対して、以下のA)~D)の対応を行っていただくだけでIPv6インターネット接続を提供することが可能になります。

ネットワークシェアリングにより低コスト化 トラフィック増対応の 柔軟性確保が可能

※VNEとは、ISP事業者に対してインターネットサービス提供に必要となるネットワーク設備や、その他・システム・運用機能等を提供する事業者のことです。

ISP事業者による提供/JPNE利用による提供

JPNEがネットワーク構築・運用を担当することで、ISP事業者は今まで以上にお客さま(エンドユーザ)へのサービスに注力することができ、新規サービス企画および営業開発に経営リソースを集中させることが可能となります。

メニュー

お問合せはこちら お問合せ・資料請求・お見積依頼はこちらからお願いします