お知らせ information

「v6プラス」の詳細

「v6プラス」の詳細

JPNEは以下の通り「v6プラス」を開始します。また、本サービス開始に合わせて後述の通り試験サービスを実施します。

1.「v6プラス」の特長
v6plus-detail

 ①低コスト
JPNEのネットワークは、ISP事業者が共同利用する大規模ネットワークであるため、ISP事業者が単独で調達・運用するよりも低コストでご利用いただくことが可能となります。

 ②速い
お客さま(エンドユーザ)は、下り最大1Gbps(*1)でインターネットを利用することができ、動画やゲームなど大量データを送受信するアプリケーションも快適にお楽しみいただけます。

 ③簡単
お客さま(エンドユーザ)宅内に必要な機器はホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルータ)のみです(専用アダプタ等を設置する必要がありません)。
また、お客さま(エンドユーザ)がIPv6およびIPv4インターネット接続のためにホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルータ)やパソコンの設定を行う必要はありません。これによりISP事業者はお客さまサポート負荷を大幅に軽減することができます。

2. サービス内容
(1) IPv6/IPv4インターネット接続機能
本サービスは、NTT東日本、NTT西日本が提供する「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線として、IPv6 IPoEにてIPv4インターネット接続機能を提供いたします。IPv6およびIPv4インターネット接続共に下り最大1Gbps(*1)での通信が可能となります。
また、これまでISP事業者が個別に行ってきたネットワークの構築・運用をJPNEがとりまとめて行うことによりISP事業者は高信頼度のネットワークを低コストで利用することが可能となります。ISP事業者はIPv6のみならずIPv4インターネットへのネットワーク投資や管理の負荷の軽減が可能となり、より付加価値の高いサービスやマーケティング等に集中することができるようになります。

(2)キャッシュDNS機能
IPv6/IPv4インターネット接続を利用するために必要となるキャッシュDNS(ドメイン・ネーム・サーバ)を提供します。DNSSEC機能、児童ポルノ規制機能により、お客さま(エンドユーザ)は高いセキュリティの名前解決が可能となります。また、ISP事業者はこれらの機能をアウトソースすることにより運用負荷を大幅に軽減することができます。

(3)サービスオーダシステム機能
ISP事業者がお客さま(エンドユーザ)の申し込みを受け付けるための機能です。JPNEは「フレッツ・ジョイント」を活用してホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルータ)にソフトウェアを配信します。お客さま(エンドユーザ)は設定等を行うことなく IPv6 IPoEにてIPv4インターネット接続を行うことが可能となります。

(4) 保守・運用監視体制
24時間365日の監視を実施し、万一の故障などにも迅速に対応可能な体制で運用いたします。また、ISP事業者との連絡窓口を一元化し、故障時の対処状況のご連絡や、お客さま(エンドユーザ)からISP事業者へのお問合せに関する調査受付や結果報告、JPNEのネットワーク運用状況の月報の提供など、ISP事業者と密に情報連携いたします。

3.提供地域
全国

4.提供開始日
2013年4月18日(木)

5. 提供料金
ISP事業者毎にお見積りさせていただきます。

6. その他
JPNEは本サービス開始に合わせて、2013年4月18日(木)から5月31日(金)まで試験サービスを実施します。詳細については、以下をご覧下さい。
http://www.jpne.co.jp/service/trial/(試験期間は終了しました。)

以上

(*1) フレッツ光ネクストハイスピードタイプ/フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼の場合の下り回線の技術規格上の最大速度です。また、回線種別によって技術規格上の最大速度は異なります。お客さまのご利用環境や回線の状況等により、速度は低下する場合があります。

<   一覧へ戻る >