HOME > 新着情報 > IPv6インターネット事業における新会社の設立

新着情報

IPv6インターネット事業における新会社の設立


2010年9月1日
KDDI株式会社
日本インターネットエクスチェンジ株式会社
NECビッグローブ株式会社
ニフティ株式会社
株式会社朝日ネット
株式会社ヴェクタント

IPv6インターネット事業における新会社の設立について
~共同で事業を推進する新会社「日本ネットワークイネイブラー株式会社」を設立~

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼会長:小野寺 正、以下「KDDI」)、日本インターネットエクスチェンジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石田 慶樹、以下「JPIX」)、NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:飯塚久夫、以下「BIGLOBE」)、ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:今村 隆、以下「ニフティ」)、株式会社朝日ネット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山本 公哉、以下「朝日ネット」)および株式会社ヴェクタント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有田 大助、以下「ヴェクタント」)の6社は、NTT東西が提供する次世代ネットワークにおいて、ネイティブ方式によるIPv6インターネットのローミングサービスを提供することを目的として、共同で事業を進めていくことに合意しました。

この合意に基づき、6社は、共同で事業を推進する新会社「日本ネットワークイネイブラー株式会社」(以下「JPNE」)を設立しました。新会社は、2010年2月にKDDIおよびJPIXが設立した「ブロードバンドアクセスエクスチェンジ企画株式会社」が実施した第三者割当増資に6社が応じ、2010年8月30日(月)の同社株主総会決議を経て、事業会社として社名変更したものです。
現在のインターネット標準プロトコルであるIPv4は、近い将来、IANA(注)から払い出されるアドレスの枯渇が懸念されており、2011年4月に、次世代ネットワークにおいて、IPv4と比較してアドレス数および機能が飛躍的に拡張されているIPv6を利用したサービスが開始されることとなっています。

(注)「Internet Assigned Numbers Authority」の略。IPアドレスの割り当てを行う組織。

JPNEは、次世代ネットワークを利用するお客さまに最適かつ利便性の高いIPv6インターネット接続サービスを提供するため、ISP事業者へのIPv6インターネット接続事業支援およびIPv4アドレス枯渇後の継続的なインターネット接続環境を提供します。
KDDI、BIGLOBE、ニフティ、朝日ネットおよびヴェクタントは、JPNEのサービスを利用したIPv6インターネット接続サービスの提供により、IPv6の早期普及および発展を目指していきます。

JPNEの概要は以下の通りです。

<会社概要>

社名 日本ネットワークイネイブラー株式会社
(英文名称 Japan Network Enabler Corporation)
設立日 2010年8月30日(月)
事業内容 インターネットサービスプロバイダへのローミングサービス事業
ローミングサービス事業に附帯関連する一切の業務 等
本社所在地 東京都千代田区大手町1-8-1
資本金 20億円
株主 KDDI 55%
JPIX 9%
NECビッグローブ 9%
ニフティ 9%
朝日ネット 9%
ヴェクタント 9%
代表者 代表取締役社長 小林 昌宏
メニュー

お問合せはこちら お問合せ・資料請求・お見積依頼はこちらからお願いします